コンテナ物流システム

コンテナシステムを推進、新鮮な青果を効率良く供給

当社では出荷、運搬、納入などで使われていた段ボール箱から、再利用可能で作業効率のよい「折りたたみ式コンテナ」を利用した物流システムへの転換を推進。契約産地からコンテナに詰められた青果をスーパーなどに配送すると同時に、空きコンテナを回収。環境にやさしく、コストダウンにも効果的な新時代の物流システムが大きな注目を集めています。

タカサカ青果の物流体制イメージ
一歩先を行く、タカサカ青果のコールドチェーンシステム
システム1:冷蔵保管

出荷量の変動にも十分対応できる全国初の大型冷蔵施設を完備。品目それぞれに適した保存温度・湿度をきめ細かく管理し、とれたての新鮮さを保ちます。

冷蔵保管イメージ
システム2:選別・加工・包装

専用の加工センターを有し、スーパーマーケットなどのオーダーに合わせて選別、カット、袋詰め、結束などを行います。品質は消費者の立場になって、厳しくチェック。包装形態も使いやすさを第一に考えています。

選別・下降・包装イメージ
システム3:出荷・デリバリー

東海三県をカバーする1日3便の配送体制で、スーパーマーケット等へ必要な品目を必要な分だけ、新鮮さを逃さずスピーディーにお届けします。すべて自社便のトラックは、鮮度を保つ保冷車です。また関西のスーパーマーケットの物流センターへも毎日自社便配送。そしてコンテナ回収にも迅速に対応しています。

出荷・デリバリーイメージ
スーパーマーケットへ